3年A組 今から皆さんは人質です

3年A組今から皆さんは人質ですの脚本家は武藤将吾!作風や評判は?

こんばんは~

2019年1月からはじまる冬ドラマ

3年A組ー今から皆さんは人質ですー

2019年1月6日~  毎週日曜夜10:30/日本テレビ系(放送予定)

このドラマの原作はなく、オリジナルの脚本となっています。

今回は、このドラマの脚本家の武藤将吾さんについて調べてみました~

スポンサーリンク

第1話あらすじネタバレ

鳴り響く爆発音!

かなり衝撃的なはじまり方ですよね!

ちょっと、特撮が入ったような映像。

映画っぽい色彩が加えられているような・・・

卒業式10日前、3年A組 担任教師は、柊 一颯(ひいらぎ・いぶき) ー菅田将暉は生徒たちにこう言います。

「今日から皆さんは人質です」

この瞬間、29人の生徒は1人の教師に人質に取られます。

教師と29人の人質生徒による、『最後の授業』が始まることになります。

最後の授業ってどんな授業?

実は、数ヶ月前に自ら命を落とした『ある一人の生徒』がいました。

遺書もなく、何かを告げることもなく、突然この世を去った学園のスター生徒。

その真相はわかっていません。

生徒たちは、自ら蓋をし、目を背けていたその『真実』と向き合うことに。

授業はホームルーム形式で始まるんでしょうか?

黒板に亡くなった生徒の名前が書き出され・・・

先生が生徒一人一人に知っていることを全部話すように促すのかなぁ?

人って完璧に嘘をつける人ってそうそういないですよね。

もしも知ってるのに知らないといってもどこか違和感があったりします。

・・・と、これはあくまでわたしの想像でしかないですが(^^;)

人質の意味を見てみると

『交渉を有利にするために、人の身柄を拘束すること』

このドラマの中の教師にはどんな目的があるのでしょう?

亡くなった一人の生徒の真実を明らかにさせること

それ以外にも学校や教育機関などに対する要求だったり

それとも単純に真相を明らかにするだけの謎解き学園ミステリーなのでしょうか?

とにかく、オリジナル脚本なので原作と比べることができません。

誰にも予測できない展開や結末が待っているかもしれませんね~!

武藤将吾さんの経歴やプロフィール

武藤将吾さんのプロフィール

武藤将吾さんは1977年生まれの41才です。

現在は、事業協同組合「日本シナリオ作家協会」の理事をされています。

シナリオ作家協会主催のシナリオ講座出身です。

このシナリオ講座出身の人はすごいですよね。

武藤さんをはじめとしてほんとに人気の脚本家を多数輩出しているんです。

2002年に『野球狂の親父』で第15回フジテレビヤングシナリオ大賞の佳作受賞します。

その後は、数々のヒット作品の脚本を手掛けています。

今回のドラマは、3年ぶりの連続ドラマということです。

過去作を知っている人にとってはおのずと期待が高まりますね~!

スポンサーリンク

武藤将吾さんの作風や評判

武藤将吾さんの作品はキャラクター同士の会話劇を得意としています。

ということで過去の作品についていろいろと調べてみました。

そこから、武藤さんの作風や評判を知ることができると思います。

家族ゲーム

櫻井翔が演じる家庭教師の吉本荒野が“怖いけど見たくなる”と話題のドラマでした。

このドラマ『家族ゲーム』で主演する櫻井翔が、「なにJ-POPの歌詞みたいなこと言ってんだよ!」と言った台詞が話題になりました。

「天下の嵐に『なにJ-POPの歌詞みたいな…』って言わせるこのドラマすごい」

「J-POP歌うアイドルがさ、『J-POPの歌詞みたいな…』って言うのよ。すごいよ、家族ゲームのスタッフさん、櫻井翔も…」

ジョーカー許されざる捜査官

堺雅人が表と裏、2つの顔を持つヒーローという難しいキャラクターに挑む人気のドラマでした。

さまざまな背景を抱えた登場人物を演じる、堺 雅人をはじめとする個性派の役者たち。

そして、さらには人間の怒りや悲しみ、愛情を深く描き、その先にあるものを考えさせられます。

また、先の読めないドラマ展開で視聴者の心をわしつかみにしたドラマでした。

ここでも決め台詞が人気になっていました!

うちの中では、伊達さんのセリフ「お前に明日は来ない。」や「そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。」をやたら言って流行語になってます(笑)

私が、ジョーカーの中で一番好きな場面は、第六話で伊達が久遠に「ばかやろう」と言うシーンです!!堺さんのばかやろう、に自分でもわからないけど「キュン」としました<笑>でも、この気持ち、きっとジョーカーファンならわかると思うので、是非もう一度見てみて下さい!

怪盗探偵山猫(怪盗山猫)

原作は、神永 学の「解決探偵山猫シリーズ」です。

現代のねずみ小僧か、はたまた単なる盗人か?!痕跡を残さず窃盗を繰り返し、悪事を暴く謎の人物、その名は”山猫”・・・

主人公は亀梨和也さんで、成宮寛貴さん、広瀬すずさんが出演されていました。

ジョーカーや怪盗山猫にはキャッチコピーとして、「ピカレスク・エンターテインメント」という言葉が使われています。

「ピカレスク」スペイン語の picaro(ならずもの・悪漢)に由来しています。

それが小説だと、悪漢小説という小説の様式やジャンルになります。

共通するのは、そういった悪漢の主人公(たち)が巨悪や猛悪に立ち向かうという構図で描かれているところです。

仮面ライダービルド

武藤将吾さんは、2017年に、『仮面ライダービルド』で、仮面ライダーシリーズに初参加されました。

テレビ本編全49話、劇場版、Vシネマ、ファイナルステージの脚本を1人で書き上げるなんてすごいです。

子供と一緒に平成仮面ライダーシリーズを視聴してから、自身も大ファンにになってしまったんだそうです。

テレビ朝日の関係者に「仮面ライダーをやりたい」とアピールして、新シリーズのメインライターを担当することになったというエピソードがあります。

仮面ライダーには、それぞれ決め台詞があったりして、毎回、何かと話題になっています。

いや~ほんとに楽しみになってきましたね。

3年A組人質は小説【そして粛清の扉を】に似てる?原作からネタバレ!【※2019年1月22日に追記しました】 こんばんは~ 2019年1月からはじまる冬ドラマ 3年A組ー今から皆さんは人...
3年A組今から皆さんは人質ですの柊一颯役は菅田将暉!父や弟は?こんばんは~ 3年A組ー今から皆さんは人質ですー 2019年1月6日~  毎週日曜夜10:30/日本テレビ系(放送予定) ...
スポンサーリンク