テレビネタ

清水柾孝の出身高校や大学は?育てやすい蘭についても【マツコの知らない世界】


2018年11月13日(火)よる8時57分から『マツコの知らない世界』放送予定

今回は【マツコの知らないランの世界】に出演する清水柾孝さんが気にになるので調べてみました~!

清水柾孝さんのプロフィール

清水柾孝(しみず まさたか)さん

清水さんは1991年1月生まれ  27才(2018年11月現在)です。

出身は、栃木県 宇都宮市

そして、現在は、東京都 練馬区で一人暮らしをしています。

普通の会社員として働くかたわら、蘭の栽培家でもあります。

なんと、蘭の栽培歴18年以上というからすごいですね。

勤務先は株式会社プロトリーフという園芸用土に特化したメーカーです。

みずから栽培した蘭を展示会に出品して、受賞歴もたくさんあります。

時には、展示会の審査員を務めることあるんだそうですよ~!

全日本蘭協会、宇都宮蘭友会、日本パフィオペディルム研究会に所属しています。

洋ランが好きすぎて、本まで出版されてます!

9 歳に地元の洋ラン展に行き、パフィオを祖父に購入してもらったことから、洋ラン栽培を始めたといいます

「パフィオ」っていう洋ランはこういうのです。


引用元:ウイキペディア

わたしはあんまり植物に詳しくなくて、こういう蘭ってあるんですね。

わたしはあまり植物には詳しくないんですよね~

蘭といえば、よく目にする贈答用の豪華な「胡蝶蘭」以外思い浮かびませんでした。

広い部屋じゃないと置き場所とかに困るとか

値段も高価っていうイメージしか思い浮かびませんでした。

番組が楽しみですね!

スポンサーリンク

清水柾孝さんの高校や大学

清水さんの出身校とか気になりますよね。

調べてみたところ

高校は、栃木県 宇都宮白楊高校を卒業されています。

そして高校卒業後は大学に進学されて、東京農業大学から

最終的には東京農業大学大学院 農学専攻を卒業されています。

そうなんですね~^^

東京農大は世田谷にキャンパスがあるので大学生活は東京で過ごしていたんですね。

同じ大学を卒業した有名人に佐々木蔵之介さんがいます。

清水柾孝さんの蘭との暮らし方

一人暮らしでどういう風に育てているのか気になりますね~。

世界中に野生に生えているランは約25,000種あると言われています。

日本だけでも約300種類ほどランは自生しているんです!

めっちゃ多いですね。

蘭には「着生ラン」と「地生ラン」があります。

「着生ラン」は樹の幹や枝、岩などの地面とは異なる場所に根を伸ばし生育するランのことを指します。

この「着生ラン」というのが、へご板という植物の着生素材などにくっつけてあげるとの彼生育しやすくなるんだそうですよ。

これが結構おしゃれな感じにアレンジするとインテリアとしてもよいみたいです!

「着生ラン」ファレノプシス(コチョウラン)、カトレヤなど

「地生ラン」は水分が保たれやすい地面に生えているため、水分を貯める様な器官を持たず、葉も薄い種類が多いです。

「地生ラン」パフィオペディラム、シンビジウム(一部を除く)など

こちらはおもに地植えや鉢植えです。

管理方法

水を好むため年間を通して鉢内が常に湿っている状態を保つようにする。

極度な乾燥はNGです。(これやってしまいそうです。)

季節ごとには夏期は直射日光の当たらない戸外の明るい日陰で栽培する。

風通しの良い環境であるとさらに良いです。最低気温(冬の朝)は5℃程度あれば管理できます。

冬はレースカーテン越しの明るい環境で管理してください。

冬場は冷たい水ではなく、ぬるま湯などを与えてます。

ビンなどに入れてテラリウムのようなアレンジで育てることも出来ます。

それもいいな~!番組が楽しみですね!

それでは最後まで読んでくださってありがとうございます。