テレビネタ

後妻業1話ネタバレ感想!木村佳乃と高橋克典の関西弁が下手で違和感?

こんばんは~

後妻業

2019年1月22日スタート 毎週火曜夜9:00~

今回は後妻業1話ネタバレ感想!木村佳乃と高橋克典の関西弁が下手で違和感?についてです。

スポンサーリンク

木村佳乃と高橋克典の関西弁が下手で違和感?

後妻業で、出演者の関西弁が話題になっていました。

たしかに、最近では、このドラマに出てくるようなコテコテな関西弁ってあんまり聞きませんね。

ちょっと昭和な感じなんでしょうかねー?

….というか衣装も派手なんですけど~!(^^;)

とよた真帆さんのプリント柄 ON プリント柄 すごいですよね!

後妻業は面白そう!

出演者の関西弁に違和感があるといいながらも、面白そうという声もありますよ~。

木村佳乃さん、関西弁は別として演技はすごくよかったですよね。

変顔といい…

衣装といい….

面白そうですね!

映画「後妻業の女」と比べると違うという声も聞かれますが、ドラマは別物としてみるほうが良いかもしれないですね~

武内小夜子(木村佳乃)の過去とか、柏木亨(高橋克典)との関係

武内小夜子(木村佳乃)VS 中瀬朋美(木村多江)の戦いはどうなる?

スポンサー広告

1話あらすじ

武内小夜子(木村佳乃は、“後妻業”をなりわいとする女です。

“後妻業”というのは、富裕層の高齢男性の後妻となり、夫の死後に多額の遺産を手にするというものです。

後妻業は結婚詐欺と同じかというと違うんです!

後妻業は、結婚詐欺のお金を騙し取るのとは違い、正式に妻になってからの相続ということになるんです。

大阪の結婚相談所『ブライダル 微祥』で社長を務める柏木亨(高橋克典とバディーを組んでいます。

2人は稼いだお金は必ず折半するというるルールで、荒稼ぎしては山分けしています。

ある日、柏木の計画のもと、元教師の瀬耕造(泉谷しげると見合いをした小夜子は、まんまと後妻の座につき、遺言公正証書を書かせることに成功します。

しかし、耕造にはほかにもまだ財産があることを知った小夜子は、隠し場所の金庫を何とか開けようと画策しますがなかなか、思うように行きません。

その頃、東京では、内縁の夫と設計事務所をかまえる耕造の次女・中瀬朋美(木村多江が、大阪で一人暮らす年老いた父の身を案じていました。

するとその矢先、姉の西木尚子(濱田マリから耕造が倒れたと知らせが来ます。

慌てて病院に駆けつけると、そこで初めて、耕造の妻だと名乗る同い年の小夜子と対面します。

2人のバトルが勃発!

やがて、耕造の容体が安定したため東京へ戻った朋美は、小夜子の身なりから、父が財産目当ての結婚詐欺に引っかかったのだと考えます。

朋美は、探偵事務所に調査を依頼することにします。

ところが、やってきたのは朋美の先輩で、元刑事の私立探偵・本多芳則(伊原剛志でした。

朋美の話を聞いた本多は、”後妻業”ではないかと疑いを抱き、小夜子のことを調べ始めます!

スポンサーリンク