グッズ・アイテム

マツコの知らない世界【ロープウェイ】ドラゴンドラ寒霞渓!混雑状況や天候に注意


2018年11月6日(火) 20時57分~22時00分『マツコの知らない世界』 放送予定

今回は【マツコの知らない世界】ロープウェイについて調べてみました!

おすすめのロープウェイ

苗場-田代ゴンドラ(新潟県)

歌手のユーミンが『ドラゴンドラ』の愛称をつけたことでも有名です。

リフトのレールが「ドラゴン」のしっぽがクネッテいるように見えることから名前がつきました。

2つの尾根をまたいで絶景をたっぷりと満喫することができるのは、ここだけ!

全長:5482m  日本最長だからなんです。

すんごい迫力ですね!ジェットコースターみたいと呼ばれるのがわかります!

行ってみた~い!

絶景ポイントは3か所、14号、22号、26号柱付近

詳しい情報はコチラでご確認ください。
新潟観光ナビ
越後・湯沢観光ナビ

寒霞渓ロープウェイ(香川県小豆島)

瀬戸内海国立公園の中心地が小豆島です。

そのほぼ中央に位置する寒霞渓(かんかけい)は、島の最高峰星ヶ城と四方指の間にある渓谷です。

寒霞渓はおよそ1300万年前の火山活動によってできた安山岩、集塊岩などの岩石が長い年月の地殻変動や侵食により、そそりたつ奇岩怪石の絶景をつくりあげました。

変化にとんだ渓谷は、日本三大渓谷美のひとつとして称されいます。

深い渓谷を行くロープウェイから、瀬戸内海の素晴らしい絶景が見えます!

ここもすてきですね!

きれいな景色を見て癒されたいです!

詳しい情報はコチラでご確認ください。
寒霞渓ロープウェイ

城崎温泉ロープウェイ(兵庫県)

城崎温泉ロープウェイは、中間駅を経由して山頂駅まで延びています。

大師山の山頂までつながったロープウェイは、山麗駅・中間の温泉寺駅・山頂駅の3つから成ります。

しかも、山麗駅と山頂駅から同時にゴンドラが発進して、上りと下りの両方のゴンドラが同時に中間の駅に到着する、全国でも珍しいつくり。

絶景ポイントは山頂駅の展望台!

山頂の標高は231メートルで、天気が良ければ、山頂駅展望台からは城崎温泉の全景や日本海の絶景を見渡すことができます!

こちらは、歴史のあるちょっとレトロな感じですね。

詳しい情報はコチラでご確認ください。
城崎温泉観光協会公式サイト
城崎温泉ロープウエイ

榛名山ロープウェイ(群馬県)

湖畔の高原駅から一気に榛名富士山頂まで上る2連しきロープウェイ。

晴れていれば山頂から関東平野や上州の山々が一望でき、冬の好天の日は富士山も見ることができます。

こちらも絶景ポイントは山頂ですね!

昭和33年営業開始。平成8年4月から日本で始めての15人乗り2両連結式ゴンドラで営業をはじめました。

15人乗り2両連結式ゴンドラっていうのがポイントですね!

詳しい情報はコチラでご確認ください。
榛名山ロープウェイ.

御在所ロープウエイ(三重県)

御在所岳(1212m)にかかるロープウエイは、日本最大級の規模です。

全長2161m、約12分の空中散歩です。

ゴンドラの窓からすばらしい錦絵を見ることができます。

伊勢平野、伊勢湾、知多半島が一望でき、まさに絶景です。

御在所ロープウェイのシンボルともいえるもの、それは「白鉄塔」です。

正式名「6号支柱(ろくごうしちゅう)」は御在所岳の標高約943m地点に建つ御在所ロープウェイの支柱です。

鉄塔の高さは61mあり、いまなお「日本一」の規模を誇っています。

紅葉と白い鉄塔のコントラストが素敵です。

行楽シーズンは賑わいそうですね!

詳しい情報はコチラでご確認ください。
御在所ロープウェイ

スポンサーリンク

混雑状況や天候に注意

混雑は覚悟で

紅葉のシーズンなどは、どこも混雑するようです。

待つのは結構つらいですが、待ち時間が長いのもある程度は覚悟ですね。

絶景の空中散歩のためにはしかたがないです。

雨具や防寒対策

山頂は麓より気温が8℃〜10℃低いです。

熱がりの人、寒がりの人がいると思いますが、脱いだり着たりで調節するのがいいですね。

天候によっては、雨具や防寒対策が必要になります。

季節によって山頂はすごく冷えます。

風が吹いたりするとほんとにブルブルします。

震えながら景色をみるのも悲しいので、防寒着は必要ですね。

風邪をひかないようにしてくださいね!

営業期間や運行時間

営業期間が限られている場合があります。

運行時間も15時や16時など早目に終了したりするので注意してくださいね。

楽しみ方

ロープウェイに乗って景色を楽しむことだけではなく山頂ではいろんな楽しみ方ができます。

散策

山頂の展望台で絶景を眺めることができたり、散策できます。

公園になっていたり、ちょっとしたハイキングコースがあったりします。

グルメ

ちょっとお値段は高いかもしれませんが、メニューにも工夫を凝らしているところがあるので、食べてみる価値はありそうです。

お昼の時間帯は混みあうかもしれません。

おみやげ

せっかくなので、ちょっとした記念のおみやげなんかも見てみたいですね。

割引きや年間パスポート

家族でいくと結構な乗車料金になりますよね~。

そんな時には、割引きやクーポンを利用するといいですよ。

年間パスポートを発行しているところもあります。

インターネット割引きや観光協会などで調べてみるといろいろあります。

ロープウェイカード

2014年から中部地域で通年営業するロープウェイ運行会社8社共通の「ロープウェイカード」がスタートしました。

ロープウェイカードといっしょにスタンプカードも発行されています。

いろいろなロープウェイカードとスタンプをもらってコレクションするのも楽しいかも!

最後まで読んでいただきありがとうございました!