スポーツ

三上正貴【ラグビー】日本代表で出身や高校!結婚して嫁はいるの?

こんばんは~

第9回ラグビーワールドカップ

ラグビーワールドカップ2019は、2019年9月20日から11月2日に日本で開催予定です

ラグビーに興味はあるけどあまり知らない人という人も多いのでは?

そこで、大阪には花園ラグビー場もありますし、これを機会にラグビー選手のことを調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

三上正貴選手の出身や高校

三上正貴(みかみ まさたか)選手がどこの出身か知っていますか?

出身地は青森県青森市です。

青森といえば冬は大雪が降るイメージが強いです。

外で活発にスポーツをされるようなイメージはないですよね…

三上正貴選手はそんな青森県でラグビーを始めます。

高校は青森工業高校に進学されました。

青森工業高校のラグビー部は青森県ではラグビーが強い高校として知られています。

多数の好成績を納めている高校なのでラグビー選手を多く輩出しているんです!

高校を卒業後は東海大学に進学されました(*´▽`*)

東海大学もラグビーが強い大学として有名なので納得ですよね~

三上正貴選手の所属チームやポジション

三上正貴選手は東海大学を卒業後に東芝ブレイブルーパスに所属します。

トップリーグに所属しているチームです。

東芝ブレイブルーパス公式ホームページ

国内の試合についてはこちら

ジャパンラグビートップリーグ公式サイト

ラグビーワールドカップ2019についてはこちら

ラグビーワールドカップ2019™日本大会公式チケットサイト

チームカラーは赤色です。

そんな三上正貴選手が担当しているポジションはプロップです。

プロップの選手の特徴は首が太いことがよく上げられます。

なぜかというと、スクラムを組んだ時に対面で首と首で力比べをするんです

なので首の太さが重要になるのですね。

その他の共通点は?

フロップの選手には小柄な選手がいることも多いみたいです。

小柄なのにスクラムの最前線で戦っても大丈夫なの?

そう思う方もいると思います。

プロップで一番大切なのは首の太さなので小柄でも首が太くて実力があれば十分務めることができるのです。

最前線で対面で戦うフロップは大変なことが多いと思います。

怪我に気を付けて、頑張っていってほしいなと思います(*´▽`*)

ワールドカップのPV

ラグビーワールドカップのオフィシャルソング『World In Union』。 2019年大会ではこのオフィシャルソングを、いきものがかりの吉岡聖恵さんが歌唱することが決定しました。こちらの動画にその楽曲が使われています。『World In Union』は、イギリス出身の作曲家ホルストが作曲した、オーケストラのための組曲『惑星』(The Planets)の中の「木星」の第4主題中間部のメロディをモチーフとし、独自の歌詞が付けられた楽曲です。 1991年大会より大会テーマソングとして使用されており、4年に1度、ラグビーワールドカップ開催地の著名なシンガーにより歌い継がれています。

スポンサー広告

三上正貴選手は結婚して嫁はいるの?

三上正貴選手は結婚しているのか気になりませんか?

三上正貴選手の現在の年齢は30歳(2019年現在)

結婚していてもおかしくはないですね。

実際に三上正貴選手は結婚されています!

結婚されているということで気になるのがお子さんについてですよね~

お子さんもいるそうです。

お子さんの性別は女の子で2016年に誕生しています。

ラグビーをしているときの三上正貴選手はすごく強いというイメージです。

家で娘さんと接するときは優しいお父さんになっていることでしょう( *´艸`)

娘さんについての情報はわかったのですが

奥さんの名前や奥さんがどんな方なのかについては情報がありませんでした…

奥さんについて知りたいと思っていたので非常に残念ですね( ノД`)

三上正貴選手についての情報がまだまだ少ないのでこれからどんどん情報がでてくることだと思います!

奥さんや娘さんと普段どんな風に接しているのかとか気になることだらけですよね~

ラグビーをしているときと家庭でいるときのギャップとかすごそうですよねw

これからも家庭ではいいお父さんをラグビーでは強い選手でいてほしいなと思います。

DAZN【ダゾーン】の登録方法!おすすめポイントやお試し時の注意点も!スポーツコンテンツ専門の人気動画配信サービス DAZN(ダゾーン) 好きなスポーツを、好きな方法で、好きなだけお楽しみいただ...
スポンサーリンク