家売るオンナの逆襲

家売るオンナの逆襲床嶋ゆかり役の長井短の演技は上手い?本名や高校は?

こんばんは~

「家売るオンナの逆襲」

2019年1月9日スタート 毎週水曜夜10:00- 日本テレビ系(放送予定)

今回はキャストの床嶋ゆかり役 長井短さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

長井短さんの本名

長井短(ながい みじか)さんって面白い名前ですよね^^

「短」と書いて「みじか」と読みます。

『長井短』は芸名で、本名は『長井茉由(まゆ)』さんといいます。

本名は可愛らしいんですね~。

「短」だけだと知らない人から見れば男性か女性かちょっと迷いますね

芸名の由来は、長井短さんは「落語」が好きなので「長い・短い」という反対の言葉をかけたような芸名を考えたのではないかと言われています。

生年月日は1993年9月27日生まれの25才です。(2018年12月現在)

東京都 府中市の出身で、血液型はA型。

身長は172cmで背は高い方で、スリーサイズは、B82 W62 H87

事務所はキューブというところです。

長井短さんの高校

長井短さんは番組で杉並区の都立高校に通っていたことを話していました。

杉並区の高校は7校あるので、そのどれかなのだと思います。

ただ、高校名ははっきりとは公表されていません。

背が高かったので、親戚には「モデル」の道を進められたそうです。

その時は、「スターウオーズ」や「ハリーポッター」などの映画の影響もあってモデルより演劇の方に興味を持ちます。

そして、高校在学中から、演劇活動をはじめます。

高校卒業後は『劇団半開き』に所属、役者として小劇場の舞台に立ちます。

ただ、収入が安定しなかったのだと思います。

アルバイトを探しながら、モデルの仕事はないか?と応募したECサイトのモデルオーディション・・・

落選するもののモデル事務所数社より声を掛けられます。

その中のバークインスタイルに入社します。(その後、現在のキューブに移籍しています)

演劇と平行してモデルとしての活動を開始します。

やっぱりキラリと光るものがあったんですね。

いろいろなファッションショーをはじめ、『装苑』『GINZA』などの有名ファッション雑誌に出演して人気モデルとなります。

その後、「ネガティブ・キャラ」として知られる栗原類さんに似ている!と話題になります。

バラエティー番組に2人が出演して、外見だけではなく、内面までもが似ているからビックリです!

長井短さんはそれだけにとどまりません。

2018年1月より開催の『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)のパーソナリティオーディションを劇作家の根本宗子さんと一緒に勝ち抜いたんですね。

そして、4月からは、『根本宗子と長井短のオールナイトニッポン0(ZERO)』パーソナリティも務めているんです。

スポンサー広告

長井短さんの演技の評判

長井短さんの演技についてはSNSでも話題になっています。

いつものネガティブキャラと比べると演技の迫力に驚く人も多いようです。

スタイルもよくて舞台映えもしますし、存在感がありますよね。

一番新しいドラマ出演は「プリティーが多すぎる」でした。

ここでは、Popin トップモデルのキヨラ役で、ちょっといつもと違う原宿系ファッションに戸惑いながらもさすがに現役モデルさんなのですごく似合っていました。

そのほか、映画では、「パラダイス・キス」などにも出演されています。

2018年には、映画『あの日々の話』にも出演されています。(2019年公開予定)

この映画は、劇団・玉田企画で2016年に上演し、カラオケボックスを舞台に大学生たちの滑稽な生態と巻き起こす騒動を、濃密でリアルな空気で描き出した作品です。

『あの日々の話』を、完全ワンシチュエーションの密室劇として長編映画化したもの。

第31回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門 公式出品。

長井短さんは「長井短の内緒にしといて」というコラムを連載中です。

その中では独特の世界観が書かれています。

これからも幅広い長井短さんに注目していきたいですね!

スポンサーリンク