ラジエーションハウス

ラジエーションハウス最終回は唯織と杏は恋人に?原作ネタバレ予測!

2019年春ドラマ

ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜

2019年4月8日スタート 毎週月曜夜9:00/フジテレビ
※初回放送は30分拡大(21時~22時24分)

このドラマの原作は同名のコミックです。主人公の放射線技師・五十嵐唯織を演じるのは窪田正孝さん。ある総合病院の放射線科”ラジエーションハウス”を舞台に、「視えない病」を見つけ出す縁の下のヒーローたちの戦いを描いていきます。

今回はラジエーションハウス原作ネタバレ結末を予測!唯織と杏は恋人になる?について考えてみました。

※内容には原作を読んだネタバレ内容が含まれているのでご注意ください。

スポンサーリンク

唯織と杏は恋人に?

今回は、甘春総合病院の放射線科”ラジエーションハウス”がドラマの舞台となります。

そこで働く“縁の下のヒーロー”たちが放射線技師と放射線科医なんです。

放射線技師の仕事は「病の原因を探り、レントゲンやCTで病変を写し出すこと」…

そして、放射線科医の仕事は「画像を読影し、病気を診断すること」です。

主人公放射線技師・五十嵐唯織と放射線科医・甘春杏は実は幼なじみでした。

唯織にとっては初恋ともいえるかもしれませんね^^

幼いころに交わした約束がありました。

「放射線科医になった杏を放射線技師になって支える」

唯織はこの約束のためにやってきました。

なんて一途な…

ですが、杏・本人はまったく気がついていません。

初恋が実ることってあまりない気がします。

しかも、杏はというと…

患者を常に助けたいと思う反面で、病院側の人間として、患者よりも病院のルールや効率を優先してしまうこともあるので、技師とは対立する場面も…

また医師免許を持たない(放射線)技師を見下しています。

気が強くてプライドが人一倍高いというやっかいな性格です。

なので、最初は、唯織のことも心のどこかで見下しています。

でも実は、唯織は放射線科医の免許も持っているんです。

型破りともいえますが、放射線技師として仕事内容はやっぱり天才的な発想!

そんな唯織の活躍を見て杏がだんだんと惹かれていくのはまちがいないでしょう!

重要なのは、唯織が幼いころの約束のことを杏にいうタイミングを間違ってはいけないことじゃないでしょうか?

杏がまだ、唯織のことを認めて惹かれたりしてなかったら?

たぶんどん引きされますよね、きもいとか~^^

でも、唯織やほかの放射線技師が奮闘する姿を見て、いままでの考えは徐々に変わっていくはずです。

なので唯織が幼なじみで、初恋の相手だと知って恋人か両想いになるのは最終回あたりだと予測します。

あとは杏をめぐる恋のライバルとのバトルもなくては盛り上がりませんよね!

そういう恋愛要素もコミカルに描かれそうで楽しみです。

裕乃は唯織に片思いもあり?

原作では、新人として広瀬裕乃が登場します。

演じるのは、広瀬アリスさん。

原作ではあまり知られていない放射線科のことがわかりやすく説明されています。

裕乃は新人として失敗を重ねながらも一生懸命に仕事をしています。

やっぱり一緒に働いて、その天才っぷりを身近にいて教えられることも多々あるでしょう。

当然惹かれる可能性はありますよね!

ということは、裕乃⇒唯織⇒杏ということになります!

この関係がコミカルに描かれるのではないかと今から楽しみですよね~^^

唯織は一途だからやっぱり杏が好き過ぎる。

でも杏は性格悪いから、裕乃もチャンスあり?

でも唯織ってやっぱりちょっと変わってるし…

唯織と裕乃はお互いに同僚としてしかみてないことも考えられます。

こんなのもありかも!

最後に唯織が思いっきり杏に振られてしまって裕乃とくっつく!^^

スポンサー広告

最終回結末を予測!

最終回は勝手に90分拡大版になると予測します。

原作の話はどれも面白いんです!

けど、やっぱり印象的だったのが「乳がん」のところです。

この話は元にすると思います。

知らないことがいっぱい出てきて勉強にもなりそうです。

そして原作6~7巻では…

IVR「切らない手術」というのが出てきます。

IVRとはエックス線透視や超音波像、CTを見ながら体内に細い管(カテーテルや針)を入れて病気を治す新しい治療法です。外科手術を行わない『切らない手術』のことです。ほとんど場合、足の付け根の血管から細い(径2mm以下)カテーテルを入れて治療を行います。全身麻酔は必要なく、局所麻酔で行うので侵襲が少なく患者さんに優しい治療法なんです。

 

これもドラマの中で使われると思います。

そんな中、杏は幼い少女のMRI検査を担当してある大変な事件が起こります。

このあたりが最終回で描かれるのだと思います。

あってはいけないことなんでしょうが、ハラハラしますよね~!

ラストに向かって盛り上がってきます。

それとは別に、放射線科には院内の権力闘争にまつわる不穏な動きがあるということです。

この事件は、もしかして院長の座を狙う鏑木安富 (浅野和之)が仕組んだことなのかもしれないですね。

医療の現場にもイマドキの若い年代の人が入ってきていて面白いです。

そこに、強力なキャラの山口紗弥加さん遠藤憲一さんも加わってきます。

今からすご~く楽しみですね!

キャスト
五十嵐唯織 役 : 窪田正孝
甘春杏 役 : 本田 翼
広瀬裕乃 役 : 広瀬アリス
軒下吾郎 役 : 浜野謙太
威能圭 役 : 丸山智己
悠木倫 役 : 矢野聖人
黒羽たまき 役 : 山口紗弥加
小野寺俊夫 役 : 遠藤憲一
鏑木安富 役 : 浅野和之
大森渚 役 : 和久井映見

原作
「ラジエーションハウス」(原作:横幕智裕 漫画:モリタイシ GJ/集英社)
コミックス1~7巻 好評発売中

脚本
大北はるか

プロデュース
中野利幸

演出
鈴木雅之

制作著作
フジテレビジョン

スポンサーリンク