テレビネタ

齋藤瑠璃子の出身高校や大学は?栗や椎茸の通販も!【セブンルール】


018年11月27日(火)よる11時~11時30分『セブンルール』放送予定

今回は【セブンルール】に出演する齋藤瑠璃子さんついて深堀りしてみました!

齋藤瑠璃子さんの出身は秋田!

齋藤瑠璃子(さいとう るりこ)さんはいったいどんな人なんでしょう?

ご実家は代々続く秋田県仙北市の栗農家「齋藤農園」です。

日本一大きい栗と言われる「西明寺栗(さいみょうじぐり)」を中心に、お米やネギ、トマト、椎茸など15品目約40種類を生産しているんです。

瑠璃子さんのお父さんは、斎藤 譲さんといいます。

お父さんの譲さんが体調を崩してしまったことをきっかけにして地元に帰るか悩みます。

元々は農業をする気はなかったという瑠璃子さん。

ただ、大学のフリーマーケットで実家の作物を売ってみたところ大繁盛した経験をした時、初めて、地元の農作物の魅力に気が付いたんだそうです。

そして、地元にUターンして、27歳の若さで実家の齋藤農園を継ぐことを決心します。

その矢先、譲さんはある事故に巻き込まれ帰らぬ人になってしまいます。

それは、ショックですよね・・・

「本当に農家としてやっていけるのか?」大きな不安を抱えます。

そんな大変な時、近所のおじいさんやおばあさんが手を差し伸べてくれてそうです。

瑠璃子さんはそんな周りの人々や友人に支えられながら、父の死を乗り越え、今日も元気に頑張っておられます!

笑顔がステキな農業女子の瑠璃子さん!応援したいです!

スポンサーリンク

齋藤瑠璃子さんの高校や大学

瑠璃子さんは、小さい頃から絵が好きでした。

地元の秋田県立角館高等学校を卒業後、

東京の多摩美術大学 絵画学科 油画専攻に進学します。

東京では有名な芸術大学です。

その後実家にUターンするまでは、東京で就職されていました。

今でも、農業をやりながらも、アート作品の制作を続けておられます。

2011年には 「森の共犯者 郷の抽象化」 ゼロダテアートセンター東京で開催されていました。

作品はこちら⇒saito-ruriko

瑠璃子さんの油画の作品を見ると、秋田の自然に囲まれていることが作品に反映されているなぁと思います。

森の木々とかが力強く生き生きと描かれているんです。

農業をやりながら、アーティストでもあるなんてすごいなぁ!

夢は「農業とアート」をリンクさせることなんだそうです。

瑠璃子さんの性格は明るくて、笑顔がチャームポイント!

周りには自然といろいろな人が集まってくるようです。

また猫をこよなく愛する瑠璃子さん。

彼氏とかいるのでしょうか?今は、そういった噂はありませんでした。

とにかくいろんなつながりがある瑠璃子さんなので、そういう人がすでにいて結婚とかもあるかもしれないですね!

西明寺栗や椎茸の通販はある?

瑠璃子さんのブログを見ていたら、秋田の特産品や料理が出てきてすごく気になります。

斎藤農園HP

山間部の農園です。こだわりの原木椎茸、西明寺栗を中心に多品目の野菜を栽培、販売しております。

農作物の生産・加工・販売
原木椎茸/原木干椎茸/西明寺栗/原木なめこ/長ネギ/水稲/じゃがいも/人参/ミニトマト/さるなし(コクワ)/他、直売向け野菜/いぶりがっこ/漬物

『顔が見える商売をする』のが、数年前からの方針です。
基本的に、当農園にお越しいただける卸し先の方・知り合いの方のみ、お付き合いをさせていただいております。
珍しい野菜の栽培・契約栽培・お米と季節野菜セット・調理用の規格外野菜など、フレキシブルに対応しております。

 

「西明寺栗(さいみょうじぐり)」

・・・っていうか熊がいるんですね!(;´Д`)

ツイッターでおいしそうな西明寺栗を食べている人がいました。

めちゃくちゃおいしそうですね~!

齋藤農園さんの西明寺栗の通販サイト⇒うまいもんドットコム

齋藤農園さんの通販ではないのですが通販を調べてみました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】マロングラッセ〜西明寺栗物語〜純栗グラッセ
価格:15000円(税込、送料無料) (2018/11/25時点)

 

楽天で購入

 

秋田 お米

齋藤農園さんのお米の通販サイト⇒厳選食品 安心堂

齋藤農園さん以外の通販も調べてみました。

椎茸

齋藤農園さんの椎茸の通販サイト⇒うまいものドットコム

※販売時期があるようなので詳しくはご確認ください。

「顔の見える商売を」ということで「町家マルシェ」というところで毎月物販もされています。

014-0300 秋田県
仙北市角館町横町42 町家館前

最後までお読みくださりありがとうございました!