テレビネタ

マツコの知らない世界【サツマイモ】の通販や品種は?保存方法も!


2018年10月23日(火)よる8時57分~『マツコの知らない世界』で放送予定

『マツコの知らないの世界』で紹介される【サツマイモ】について書いてみました!

マツコの知らないサツマイモの世界

サツマイモの食感は2パターン!

  • 超濃厚な甘さでクリーミーな「ネットリ系サツマイモ」
  • サラサラな舌触りの「ホクホク系サツマイモ」

ここ最近は、超濃厚で水分が多めでクリーミーな「ネットリ系サツマイモ」が大人気だそうです!

その影響で、昔ながらの素朴な味の「ホクホク系サツマイモ」が激減しているといいます。

マツコさんは【ホクホク系サツマイモ】が大好きらしいです!

「ネットリ系」?それとも、やっぱり定番の「ホクホク系」?

これははっきり言って好みの問題なのでどちらがいいとは言えませんね。

ただ、「ネットリ系」はどちらかというとスイーツ向きで「ホクホク系」はどちらかというと料理向きですよね。

今回は、全国の芋農家を巡り、サツマイモを網羅した新谷梨恵子(あらや りえこ)さんが出演します。

新谷梨恵子(あらや りえこ)さん の記事はこちらに書いています!
【新谷梨恵子】さん高校や大学は?結婚して子供はいる?マツコの知らない世界

どんなんやろ?めっちゃ楽しみ~!^^

スポンサーリンク

サツマイモの通販

今からが旬のサツマイモはどこで買えるの?
スーパーや物産展・道の駅・野菜の直売所に行くと買えますが、やっぱり産地にこだわって通販も利用したいものですよね。
サツマイモが買える通販サイトを調べてみました。
安納芋が買える通販サイトの紹介

みついもの里 ⇒HP みついもの里

いろんなメディアなどで紹介されて有名です。

かごんま商店 ⇒HP かごんま商店

「安納いもブランド推進本部」に加入していて安心です。

たねがしまや ⇒HP たねがしまや

熟成期間を設定して、収穫日ごとに毎日試食し味を確かめてから出荷という徹底ぶりです。

平原さんの種子島 安納芋専門店 ⇒HP 平原さんの種子島 安納芋専門店

長年の経験と知識と技術の平原さんが作った安納芋です。

ららっぽファーム⇒HP ららっぽファーム

おいも株オーナー制度があって自分だけのサツマイモを育てることができます。

安納芋&特産品ショップ まつやま⇒HP まつやま

種子島から産地直送で新鮮で格安の安納芋が届きます。

シルクスイートが買える通販サイトの紹介

 

坂田農園

乳酸菌や納豆菌など微生物の力を借りておいしいサツマイモを作っています。

シルクスイートって実は発祥は群馬県!ちょっと異色の若手農家の展開がおもしろいです。

紅あずまが買える通販サイトの紹介

坂田農園

同じく坂田農園さんです。乳酸菌や納豆菌など微生物の力を借りておいしいサツマイモを作っています。

紅はるか=いもジェンヌが買える通販サイトの紹介

新潟直送計画 楽天市場店

新潟県のつよしファームの紅はるかが予約できます。

JAタウン JA全農にいがた

新潟特産品ブランド『いもジェンヌ』こちらもも11月中頃から発送予定になっています。

そのほかは、マツコの知らない世界で紹介され次第追記します!

サツマイモの品種や保存方法

さつまいもの品種でよく目にした「鳴門金時」が甘いサツマイモの代表格でした。

それが、「安納芋」のように、焼き芋にすると中からトロ〜ッと甘い蜜がこぼれ出すのが特徴の【蜜芋】と呼ばれる品種が登場して大人気になりました。

蜜芋は、とにかく糖度が高くて水分も多めなのでクリーミーな食感が楽しめます。

ねっとり甘いので料理としてよりもスイーツ的な用途が向いています。

※蜜芋…安納芋をはじめとする高糖度なさつまいものこと。

焼くと身が蜜のようにあふれ出るようになることから蜜芋と呼ばれるようになりました。

「ネットリ系サツマイモ」の品種=安納芋・シルクスイート

「ネットリ系サツマイモ」と「ホクホク系サツマイモ」の中間的な品種=紅はるか

「ホクホク系サツマイモ」の品種=鳴門金時・紅あずま

ちなみに10月13日は「サツマイモの記念日」になっています。

さて、さつまいもは堀りたて(収穫したて)が一番美味しいと思ってませんか?

なるべく早く食べるほうが良いかというと、残念ながら、実はそうではないんですね。

収穫したては水分がまだ多くて、デンプンの糖化が進んでいないんです。

サツマイモは、寝かせて熟成させることでグッと糖度が増し、より甘くおいしくなっていきます。

堀りたてで、もしも土がついている場合、簡単に土を落とすのはOKですが、水に触れるとサツマイモは傷むので注意してくださいね~

保存方法は、通気性が保たれるよう新聞紙にくるむのがいいですよ。

その後は、段ボールなどに入れて保存するのがおすすめです。

低温だと芋が腐り、高温だと芽が出てしまうので、なるべく高温多湿を避けたほうがいいでしょう。

最低1週間〜2週間程寝かせるとおいしさが増します。

上手に保存しておいしいサツマイモを食べてくださいね^^