ニュース

新元号で何が変わる?元号変更の影響で困ることや良いことはある?

こんばんは~

いよいよ、4月1日に新元号が発表されます。

4月30日は「平成最期の日」となり、5月1日から新元号となります。

スポンサーリンク

新元号で何が変わる?

2019年5月1日が祝日になってゴールデンウイークが10連休に!

2018年12月8日特別法案が成立しました。

そして、改元が行われる2019年5月1日はその年一回に限り祝日扱いとなったんです!

では、なぜ10連休になるかというと、「祝日法」によるものです。

「祝日法」とは?
その前日および翌日が祝日である場合(祝日に挟まれた日)は休日となる

 

日付 祝日・休日 通常 2019年
4月27日(土) 土曜日 土曜日
4月28日(日) 日曜日 日曜日
4月29日(月) 昭和の日 祝日 祝日
4月30日(火) 天皇陛下の退位 平日 休日
5月1日(水) 皇太子殿下の即位・改元 平日 祝日
5月2日(木) 平日 休日
5月3日(金) 憲法記念日 祝日 祝日
5月4日(土) みどりの日 祝日 祝日
5月5日(日) こどもの日 祝日 祝日
5月6日(月) 振替休日 休日 休日

「即位礼正殿の儀」を開かれる2019年10月22日が祝日に!

「即位礼正殿の儀」とは、各国の国家元首や首脳が参列し、国内外に新天皇に即位されたことを宣明する儀式を行う日だということです。

同日にはパレードが行われ、国民に広く即位を披露されるとのことです。

2019年は天皇誕生日という祝日は存在しない!

現在の天皇陛下の誕生日である天皇誕生日(祝日)は12月23日です。

2019年12月23日は、祝日にはならずに平日扱いになるということです。

新しく天皇陛下になられる皇太子殿下の誕生日は2月23日です。

2019年2月23日の時点では、まだ即位されていません。

なので、2019年の天皇誕生日という祝日は存在しないということになります。

元号変更の影響で困ること

書類などの和暦表記を変更する必要がある!

重要な書類は、西暦に統一すべきという意見もありますよね。

たとえば、「運転免許証」も和暦(平成)表記になっています。

2018年12月21日、警察庁はの発表がありました。

運転免許証に記載されている有効期限を、現在の元号のみの表記から、「西暦と元号の併記にする」としています。

今後有効期限の表記が変更されていくのですが、システムの導入に時間がかかるということです。

現在の運転免許証を新しい表記のものに交換する必要はあるんでしょうか?

新しい表記の運転免許証に交換するよう求める発表はありません。

運転免許証の更新期間は、「有効期間が満了する日の直前の誕生日をはさんだ2ヶ月間」と定められているので、それ以外の期間に自由に更新することはできません。

現在使用している運転免許証の有効期限が元号表記のみの場合であっても、運転免許証の有効性は保持されます。

次回の運転免許証更新の時期を確認し、更新忘れのないように気をつけましょう。

免許証の有効期限について自分で換算する必要があります。

今回は、平成31年が新元号の1年といったように、平成から30を引いた数字が新元号の年度になるので、多少わかりやすいと思います。

スポンサー広告

良いことはある?

過去の例からすると新元号になると…

結婚ラッシュ、子作りラッシュになる可能性があるそうです!

西暦2000年を祝う「ミレニアム婚」の例

・婚姻件数は1999年が76万2,028件
・2000年は79万8,138件
・2001年は79万9,999件と増えている。

(厚生労働省 人口動態統計)

 

結婚はタイミングやきっかけが大事といわれています!

挙式にはやはりある程度の費用が必要となってきますしね。

2019年10月には消費税増税が予定され、その影響が気になります。

新元号による“駆け込み婚”や“新元号婚”が増える可能性もありかもと思います。

ブライダル業界では、改元に関連したユニークな挙式プランが企画されているということです。

元号の変更によっていろいろな経済効果も見込まれていると言います。

たとえば、

  • 印刷物や、印鑑の特需が発生する
  • 旅行会社は新元号記念ツアーで特需が発生する
  • 天皇即位に関連する特番を見ようと8Kテレビが売れる

などなど他にもいろいろとあるんでしょうね~

ほかには、新元号に関連する業界の株価が上がるかもしれません。

また、新元号を自社製品(商品)サービスのネーミングに活用しようとする企業間の争奪戦が勃発すると思われます。

いよいよ新元号の発表となります。何になるか楽しみですね!

スポンサーリンク