ストロベリーナイトサーガ

ストロベリーナイトサーガ原作ネタバレ予測!新キャストで結末は?

2019年春ドラマ

ストリベリーナイト・サーガ

2019年4月~ 毎週木曜 夜22:00~

今回はストロベリーナイトサーガ原作ネタバレ!新キャストで結末を予測してみました!

スポンサーリンク

あらすじと新キャスト

原作は、誉田哲也さん作の警察小説「姫川玲子シリーズ」です。

2010年にスペシャルドラマ、2012年に続編として連続ドラマ化されました。

主人公の「姫村玲子」には竹内結子さんが…

相手役を担う「菊田和夫」役には西島秀俊さんが起用されました。

二人の息ピッタリの迫真の演技に、視聴者は魅了されたのではないでしょうか?

高視聴率を獲得して、テレビドラマの賞を3つも受賞した作品でした。

凄いですね~!^^

実はこのストロベリーナイト

原作者の誉田さんは「姫川玲子」のキャラクターを松嶋菜々子さんのイメージで作り上げたのだそうです。

ですが、当時のプロデューサーは竹内結子さんをキャスティングします。

でも、このキャスティングが見事はまって、存在感抜群の「姫川玲子」が映像化されたわけなんです。

当時の映像を見返してみると、竹内結子さんも西島秀俊さんも若いですね!^^

情熱と生命感にあふれていて、役を完全に超えていました。

今回、ストロベリーナイトが再映像化されるに当たって、「リメイク」という形で新キャストが発表されました。

前作がハイスペックの出来上がりだっただけに

「キャスティングが変わるなら見ない」

「新キャストでは期待できない」

といったマイナス意見もSNS上で見受けられます。

ですが、竹内結子さん、西島秀俊さん共に貫禄のある演技の大物俳優になっているわけで、同じキャスティングで取り直すのは無理があるというものですよね。

今回は『続編』ではなく『リメイク版』。

キャスト一新で、現代版ストロベリーナイトになることに期待が高まります。

前作ではガラケー時代だったけれど、今回はきっとスマホになっていることでしょう。

でも、「姫川玲子」が手帳型のスマホケースだったら嫌だと考えてしまいます。

スーツのポケットからスマートに取り出して会話をする、そんな姫川玲子でいてほしいです。

リメイクと言えば、金田一耕助シリーズが有名ですね。

過去の作品、同じ原作で新しいキャスト、新しい作品を見るのは案外面白いものです。

キャスティングに合わせた脚本や演出になっていて、作品にも役者さんにも新たな魅力が見つかるものです。

新番組のストロベリーナイト・サーガでは、キャストだけでなくプロデューサー、脚本家の方々、制作サイドも一新されています。

新たな魅力の発掘に期待大ですね!

前作や映画との比較

<新キャスト>

姫川 玲子(ひめかわ れいこ)・・・・・・・・二階堂ふみさん

菊田 和夫(きくた かずお)・・・・・・・・・亀梨和也さん

勝俣 健作(かつまた けんさく)・・・・・・・江口洋介さん

 

姫川玲子役・二階堂ふみさん

ノンキャリアから27歳で異例の警部補昇進!というスピード出世を果たした戦う女という役柄です。

実は犯罪被害者だったという過去を持つ難役をどう演じてくれるかが楽しみです。

初の刑事役ということですが、直感型の演技をする方なので、はまり役かもしれませんね。

このドラマをステップに、どんどん刑事役が増えるかも?^^

後は、30歳という設定になるでしょうから、実年齢よりも上の役を表現できる器量にも期待したいと思います。

前回は竹内結子さんが演じていたわけですが、前のドラマを見た視聴者は絶対比べてしまうことでしょう。

叫ぶシーンの竹内結子さんは、まさに迫真。

そんな竹内結子さんの演技をプレッシャーに感じず、伸び伸び演じてほしいですね。

後は、役の端々に滲むトラウマを背負った暗い影をどう演じてくれるかが見どころですね。

菊田和夫役・亀梨和也さん

正直言って、キャスティングが亀梨さんということには驚きました。

前作の西島秀俊さんのイメージもありますが「菊田和夫」が姫川玲子の部下でありながら年上という設定…

本心をなかなか明かさない物静かな佇まいだからです

実年齢は確かに二階堂さんよりも9歳年上ですが、そんな年齢を感じさせないエネルギッシュな力強さを備えていますよね。

俳優として落ち着いたセリフ回しのできる方でもあるので、今までのイメージを良い方に覆すためにも挑戦し甲斐のある役だとも感じます。

髪も切られて、イメージに合わせていい雰囲気になっていますよね。

この役で、亀梨さんの演技の幅がどんどんと広がってくれることだと思います。

実はこのストロベリーナイト・サーガ…

鍵は亀梨和也さん演じる「菊田和夫」なんじゃないかと推測します。

前作では原作同様「姫川玲子」を中心に話が進んでいました。

でも、今作では「菊田和夫」との絡みが中心になりそうですよね~^^

重要な役どころでしょう!

共演経験がないという二階堂ふみさんと亀梨和也さんですが、二人の絡み、想像するとワクワクしますね。

勝俣健作役・江口洋介さん

この役は、まさに江口さんにピッタリだと思うんですよ!

絶対に手の内を明かさない、本心を見せない、危なくて自己中心的な捜査をする『ガンテツ』と呼ばれる破天荒な人物「勝俣健作」。

二階堂ふみさんとのライバルとしての絡みが面白いほど想像できて楽しみです。

前作でガンテツを演じた武田鉄矢さんは、飄々とした演技でいい味がでていました。

でも、江口さんはもっともっと熱い感情を出して掟破りな刑事、ガンテツを演じてくれるんじゃないかと期待大です。

前作にしても映画にしても、ストロベリーナイトファンとしては映像の仕上がりがまず気になるところです。

演出はこのお2人です。

  • 石川淳一さん(『リーガルハイ』、『海月姫』、『フラジャイル』他)
  • 山内大典さん (『サイレント・ヴォイス』、『海月姫』他)

凄惨な事件のシーンや心情表現を前作では【赤】で印象的に表現していましたが、今回はどうでしょうか。

そして、脚本はこの方々です。

  • 徳永友一(『グッド・ドクター』、『海月姫』、『僕たちがやりました』他)
  • ひかわかよ(『救命病棟24時』第5シリーズ、『医龍4』他)
  • 関えり香(『後妻業』、『結婚相手は抽選で』他)

姫川玲子と菊田和夫の恋愛感情を含めた絡みの部分が膨らんだ脚本に仕上がってくることを期待しちゃいます。

スポンサー広告

結末はどうなるのか予測!

前作の見どころは?

姫川玲子と菊田和夫との恋愛感情を膨らませたキャラクター設定が良かったです。

そして、捜査一課・姫川班メンバーを一人一人丁寧に描いた群像劇に仕上げていたところだと思います。

映像では、赤というキーカラーを使った事件や姫川玲子の心情描写が印象的でした。

また、事件そのものの描写をモノクロや赤にする工夫がされていました。

はっきりと描写するよりも視聴者にドラマ内の事件を身近な出来事として感じさせる手法がとられていたことでより恐怖感が増した気がしました。

それでは、新キャストによるストロベリーナイト・サーガはどんな展開でしょうか?

第一話は当然、表題の「ストロベリーナイト」。

これしかないです!

※「ストロベリーナイト」はスペシャルドラマ中の殺人ショーのタイトル

殺人ショー「ストロベリーナイト」がどう描かれるのか、恐怖と興奮の間がどう表現されるのか、期待せずにいらせません。

そして、新しいドラマの見どころは?

やはり新キャストの姫川と菊田の絡みです。

前作では、菊田が姫川に好意を寄せるも、姫川は菊田の気持ちに気付きながら気付かないふりを貫いていました。

今作の姫川と菊田、前作を超える心の寄り添いがあるんじゃないかと思うんです。

玲子が引きずる過去の事件被害者としてのトラウマを和らげるために、菊田が奮闘する場面もあるのではないかと思います。

警察ドラマそのものより恋愛ドラマの要素を持った人間模様が描かれるのではないかと思っています。

そして最後に、お互いに気持ちを確認しあう・・・

二階堂ふみさんと亀梨和也さんの絡みを想像すると、ドキドキが止まりません!

と、この記事を書いていると朗報が。

竹内結子さん結婚とのこと!

おめでとうございます!^^

スポンサーリンク