トクサツガガガ

トクサツガガガ【ドラマ】原作ネタバレ感想!最終回結末予測も!

こんばんは~

トクサツガガガ

2019年1月18日スタート NHK総合 毎週金曜よる10時~10時44分 放送予定

今回は、NHKドラマのトクサツガガガの原作を読んで、ネタバレ最終回を予測してみました!

スポンサー広告
スポンサーリンク

トクサツガガガの原作あらすじネタバレ

原作

『トクサツガガガは現在①~⑭巻末までコミックスが出ています。

タイトルの「トクサツガガガ」は、外さないでほしいとのオーダーがあった単語「特撮」と英語の「gaga(夢中の、熱狂的な)」に「ガ」を一つ足して考えられました。

原作者が「丹羽庭」の漫画で、『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて2014年37・38合併号より連載中です。

そもそもは、丹羽さんがヒーローものを描きたいと思っていました。

ところが担当は、それではニーズは少ないと反対されます。

でも、話していくうちに丹羽さんが特撮ファンであることに興味を示します。

それで「特撮オタク女子」というニッチな題材での連載がスタートすることになります。

オタク趣味を隠したいという主人公の心理は、実際の丹羽さんの体験から作られたものだったんです。

好きなものが「特撮」なだけで、「好きなものは好き」なんだとか、「人それぞれでいいんだ」という考え方や、「どこか一方の視点に偏らないでほしい」ということを意識して描かれています。

あらすじ

商社勤めのOLの仲村叶(小芝風花)は特撮をこよなく愛する隠れオタクなんです。

その仲村の母親(松下由樹)は、かわいいものが大好きで、特撮のことはものすごく嫌っています。

そのため、母はもちろん、職場の同僚たちにも特撮オタクであることは知られたくない

でも、日々の生活の中でそれは何度もばれそうになります。

でも、その時、彼女にしか見えない特撮ヒーローが現れ、次々にピンチを切り抜けていきます。

そして、新しい仲間と出会いや友情も描かれて、葛藤しつつも前向きに奮闘する特撮オタク女子の姿を描くコメディードラマです。

キャスト

  • 仲村叶 – 小芝風花
  • 吉田さん(吉田久美) – 倉科カナ
  • 北代さん(北代優子) – 木南晴夏
  • チャラ彦(川島直太朗) – 森永悠希
  • 小野田くん(小野田隆) – 本田剛文(BOYS AND MEN)
  • ユキちゃん(白濱幸) – 武田玲奈
  • マイちゃん(白石マイ) – 内山命(SKE48)
  • ダミアン (田宮 拓)-寺田 心
  • 任侠さん (松本 昌明)-カミナリ・竹内まなぶさん
  • 仲村叶の母親 –松下由樹
トクサツガガガ【ドラマ】の小野田くん役は本田剛文!高校や実家は?こんばんは~ 2019年1月からはじまる冬ドラマ トクサツガガガ 2019年1月18日スタート 毎週金曜夜10:00/...

トクサツガガガのヒーローたち

獅風怒闘 ジュウショウワン(獣将王)は、ドラマの中での戦隊ヒーロー番組の現行作品です。
シシレオー、トライガー、チェルダの3人からなるヒーローチームが主人公になっていま
す。

いろいろとファンからも期待の声が上がっていますね~^^

ドラマの中とは言え、リアルでしっかりしたコスチュームやフィギアなども見どころの一つですよね!

細かい演出も楽しみですよね~。

あとはキャストですが、任侠さん役のカミナリ・竹内まなぶさんが見た目そっくと話題になっています。(^^;)

トクサツガガガ【ドラマ】仲村叶役は小芝風花!朝ドラやスケートが話題!こんばんは~ 2019年1月からはじまる冬ドラマ トクサツガガガ 2019年1月18日スタート 毎週金曜夜10:00/...

トクサツガガガの最終回予測

※ここからはネタバレになるかもしれないのでストーリーを知らない人はご注意ください。

原作のトクサツガガガはまだ完結していませんが、原作を読んだ限りで最終回を予測してみたいと思います。

母親(松下 由紀)であるラスボスの襲来とその最終決戦が展開されると思います。

そしてもう一つはそれと重なって起こるダミアンこと田宮 拓(寺田 心)とのこと。

このあたりが最終回として大きな盛り上がりを見せるところだと予測します。

ネタバレですが、母親とは絶交してしまいます。

そしてもう一度、母親に会いに行く計画をしているところで14巻は終わっています。

母親と叶(オタ)の関係ってやっぱり修復は難しいのかなぁ…

母親は子供のために良かれと思うのだけどそれが子供にとってはありがた迷惑な場合もありますよね~難しいところですけど。

たとえ親と子供でも趣味や好みが違うのは当たり前だと思うんです、叶の母親が認めないのは子供にとってはすごく厄介です。

ただなんだか母親の特撮嫌いには訳があって、不器用な母親だから上から目線でしかモノを言えないのじゃないかとも思います。

離婚してシングルマザーで頑張ってきた母親は、子供に自分のようになってほしくないという気持ちがあるのかもしれないですよね

ちょっぴり母親の気持ちもわかりつつもそんないい方しなくてもと思います。

「好きなものは好きでいいんだ」と好きなものを突き詰めるオタク道は良いと思います

以前、林先生の番組を見ていた時、最近の就職では「オタク」っぽい人の方が有利な場合もあるといっていました。

昔より、ずっと、オタクは文化として世界中からも国内からも認められつつあるので、このお母さんはちょっぴり古い考え方のような気がします。

それに女の子は女の子らしくって誰が決めたの?かわいくしないといけないの?

そういうのが「どこか一方の視点に偏らないでほしい」ということなんですよね!

また、叶と同じように、ダミアンこと田宮 拓(寺田 心)も親との関係に悩んでいます。

叶はダミアンに頼られますが、期待通りにすることができません。

叶はすっかりダミアンの信頼を失います。

せっかく、こんなに仲良くなれたのに、叶はもう一度ダミアンとも仲直りしたいと思って、手紙をとあるものを渡します。

このシーンは原作の漫画でもちょっと胸アツになるシーンです。

さて、ダミアンはそれに答えてくれるのでしょうか?

結末は?…ハッピーエンドを期待しています。

母親は、少しだけ叶の「特撮オタク」のことを認めてくれます。

また叶も母親の気持ちが少しだけわかるようになります

ダミアンとも再会できると信じています。

あくまで予測なのでドラマでどうなるか楽しみですね~!

スポンサーリンク