トレース 科捜研の男

トレースドラマ2話ネタバレ感想!鍵のかかった部屋に似てると話題!

こんばんは~

トレース〜科捜研の男〜

2019年1月7日スタート 毎週月曜夜9:00~

今回は、「トレースドラマ2話ネタバレ感想!演出が鍵のかかった部屋と似てる!」についてです。

スポンサーリンク

『鍵のかかった部屋』と似てると話題に

『トレース〜科捜研の男〜』と『鍵のかかった部屋』が似てると話題になってます。

それもそのはずで、2つの作品の演出はどちらも、松山博昭(まつやま ひろあき)さんです。

松山博昭さんは1973年8月14日生まれです。

現在は45才(2019年1月現在)、出身は岐阜県です。

主な作品

· 鍵のかかった部屋
· 失恋ショコラティエ
· ビブリア古書堂の事件手帖
・ライアーゲーム -再生-
· ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ
· 信長協奏曲

どちらもかっこいいですね。

トレース最終回結末を原作からネタバレ!真犯人と驚愕の対決はある?2019/3/18 追記しました! トレース〜科捜研の男〜 2019年1月7日  毎週月曜夜9:00~ メインビジュア...

脚本は相沢友子さん

脚本は、相沢友子さんです。

1971年5月10日生まれの47才。(2019年1月現在)

出身は東京都で、もともと歌手兼女優で幅広く活動しますが、あまり知られていませんでした。

そんな相沢さんに転機が訪れます。

1999年相沢さんの小説『COVER』が第15回太宰治賞の最終候補作にノミネートされました。

その後、共同テレビジョンの小椋久雄氏に脚本執筆の指導を受け、2000年には『世にも奇妙な物語』「記憶リセット」で脚本家としてデビューしました。

主な作品

・世にも奇妙な物語「記憶リセット」
・恋ノチカラ
・鹿男あをによし
・鍵のかかった部屋
・ビブリア古書堂の事件手帖 
・人は見た目が100パーセント

トレースドラマ1話ネタバレ感想は船越がうざいしうるさい!原作との違いもこんばんは~ トレース〜科捜研の男〜 2019年1月7日スタート 毎週月曜夜9:00~ 今回は、「トレースドラマ1話ネ...
スポンサー広告

音楽はKen Araiさん

音楽はKen Araiさんです。

Ken Arai ((ケン アライ、18degrees./ a lai.)さんは、ミュージシャン・音楽プロデューサー・DJでもあります。

2003年に、Kaori Okanoとのユニットtransluvでデビュー。

この動画はちょっと時代を感じさせる気もしますが、現在は、数々のプロデュース、プログラミング、アレンジ、REMIX、楽曲提供等で活躍するトッププロデューサーとなっています。

主な作品

テレビドラマ
・東京リトルラヴ
・鍵のかかった部屋
・LAST HOPE
・失恋ショコラティエ
・トドメの接吻
・宇宙を駆けるよだか

テレビアニメ
・寄生獣 セイの格率 (日本テレビ、2014年)
・スタミュ(TOKYO MXほか、2015年)
・ピングー in ザ・シティ(NHK Eテレ、2017年)

​また自身主宰のレーベルはAddicted Tokyoです。

『a la i.』名義による作品は常にダンスミュージックチャートでトップ10入りを果たしています。

a la i. | Free Listening on SoundCloud

日本のみならず、2016年には初の中国ワンマンツアーを行って、全公演がソールドアウトとなって大成功しています

​DJはEDM/エレクトロ・ハウスが中心で、カッティングエッジでアグレッシブなMIXが特徴なんだそうです。

このドラマは、演出・脚本・音楽とすばらしいチームがスタッフです。

船越さんの演技もだんだん変わる可能性もありますし、なんといっても主人公の真野さんの過去や今後の展開も気になるところですね~^^

スポンサーリンク